ホーチミン市ハイテク工業団地

SHTP(サイゴン・ハイテクパーク)は、ベトナム政府の強力な支援を受ける、2002年10月設立のベトナム有数のハイテクパークです。
入居企業に対するインセンティブ(優遇税制)、下水処理工場、安定的な電力供給システム、インターネット環境の充実、ホーチミン市人民委員会との強固な関係、CT・バイオ・ナノテク関連施設・インキュベーション施設の併設、豊富かつ優秀なIT人材の提供など、日本企業のベトナム進出を総合的に支援できる環境を整えています。

全世界の投資先から注目されている産業施設として、米インテルや日本電産など、多くの大手IT企業の拠点として機能しています。また、2007年10月より、電子機器受託生産サービス(EMS)大手のJabil Circuitがヒューレットパッカードブランドのプリンタを同パーク内で製造開始、2008年3月よりFPT社グループは、「技術研究・ソフトウェア開発センター」の建設に着工しています。
当ページでは、ベトナムにおける日本企業の投資先としてSHTPの概要と魅力をご紹介します。

SHTPの7つの強み

Point.1 ベトナム政府からの強力な支援

ベトナム政府の146/QD-TTg(政令)より設立した経緯があり、政府の政策のもと強力なバックアップを受けています。
また、SHTPは「IT産業の振興」という政府の方針における最先端のハイテクパークであり、電力や交通のインフラや土地補償に対して多くの投資を受けています。
今後もマスター計画に従って国内外の企業の生産拠点・開発拠点としての機能を充実させていきます。

Point.2 税制面での最高の投資インセンティブ

日本企業がベトナムに投資する大きな理由に、ベトナム政府が手厚い政策を打ち出している点、特に税政面でのコスト削減が挙げられます。SHTPは、課税所得が出てから4年間の免税、次の9年間では5%、次の2年間は10%と、15年間の企業所得税の優待を受けられます。
またハイテク製品の輸出税の免除、付加価値税完全免除といったインセンティブも享受できます。


Point.3 一流ハイテク企業との連携

10億ドルの巨額投資を行う米インテル社の連携はもとより、ベトナム国内の大手企業との提携により、プロジェクト支援、協働、認知度向上施策など、あらゆる面で有利にビジネスを進めることが可能です。

Point.4 国際空港・港・高速道路に隣接

タンソンニャット国際空港から18km・25分、ホーチミン市中心地から15km・30分、サイゴン港から12km、近隣区の港、高速道路(国道1号線に 隣接)、各種教育機関(ホーチミン大学など)へのアクセスにも便利な立地条件です。
その他、ゴルフ場や各種エンターテイメント施設、生活地域、工業団地など、重要な経済域と近接しておりベトナムの拠点として十分な環境を提供しています。


Point.5 R&Dに相応しい閑静で広大な空間

基礎的研究、応用開発、製品開発など広範な研究開発活動(R&D)、インキュベーターとなる日本企業にとって、最適なビジネス会議室、オフィス、通信技術、環境テクノロジー、マーケティング計画、コンサルタントなどを供給。ベトナムの主要ハイテクパークのなかでも有数の広大な土地(913ha)と最先端の施設により、日本企業の生産拠点・開発拠点として相応しい将来性豊かな環境をご提供します。

Point.6 WTO、AFTA、APECなどの大手市場へのアプローチ

AFTAやAPEC、WTOといった国際的な市場にアプローチできるのは、ベトナムに拠点を置く日本企業にとって大きな魅力となります。
ベトナム最大のハイテクパークであるSHTPは、そうした市場とコンタクトを図りやすい環境にあり、ビジネスチャンスの拡大に有利です。私たちは今後もベトナムにおける日本企業のビジネス支援を積極的に行っていきます。


Point.7 低コストで優秀な人材を提供

ベトナムでの人材確保はコスト面の魅力はあっても「能力面」、ことオペレーションではなく即戦力になりうるような人材を探すのは大変です。SHTPでは、日本企業のニーズに見合った人材を提供するため教育コンサルタント団体を設立し、豊富な人材を確保しています。
また50%以上は大学卒業証明書を持っており、赴任する日本人社員とのコミュニケーションを円滑に図ることが可能です。ベトナム進出企業の各種オペレーション、組織体制の確立、プロジェクトの成功に対して大きく貢献します。

  • 企業の求める技術・職能・言語での教育
  • コンサルタントと共に教育プログラムの立案
  • 人材評価基準の立案と実行
  • 採用支援サービス など

入居(投資)優遇

拠点設立におけるワンストップサービスの提供
オンサイトによる電子関連部品の通関
専門家と外国人労働者への長期ビザの提供
政府及びハイテク協業機構の支援
ベトナムで消費されるソフトウェア製品および
サービスの輸出関税
輸出するソフトウェア製品の輸出入税
輸出製品の生産のために輸入された部品の輸入関税
24席以下の乗用車、飛行機、ヨットなどに課される特別税
税金 税率 期間
企業所得税
(15年間)
0% 4年間
(最初の年から納税のある所得)
5% 次の9年間
(免税後)
10% (15年間の残り2年)

SHTPにおける投資プロセス

会社基本情報

会社基本情報

ホーチミン市中心からベトナム南部にかけての
主要な経済区域の経済発展及び技術革新の加速、
技術改善、知的創造、科学技術の発展へ寄与する。

  • 国内外のハイテク産業の投資先として円滑な経済環境を創出
  • 早期のベトナムのハイテク産業発展のため戦略的に貢献
  • 国内企業の重要な工業及び技術発展を推進
  • 技術革新と科学商業化の実現
  • ホーチミン市及びベトナム南部の経済発展に寄与

クリックすると拡大します



会社概要

社名 SAIGON HI-TECH PARK
住所 D1, Saigon Hi-Tech Park Tan Phu Ward, District 9, Hochiminh City, Vietnam
アクセス:
国道1号線に隣接
ホーチミン市から15km、30分
タンソンニャット国際空港から18km、25分
サイゴン港まで12km
TEL/FAX +84-8-3736-0293/+84-8-3736-0292
ウェブサイト http://www.shtp.hochiminhcity.gov.vn/
創業年 2002年
事業主 100%国営(政府及びホーチミン人民委員会)
事業形態 ハイテク区
総開発面積 913 ha(販売面積913ha)
その他施設 R&Dセンター、インキュベーションセンター、トレーニングセンター、郵便局、消防署、警察署
入居企業数(国別) 54社(ベトナム企業25社、米国企業4社、日系企業5社等)

本コンテンツは、SHTP(SAIGON HI-TECH PARK)の日本語版ページです。
公式サイト等の情報を日本企業向けに忠実に翻訳してダイジェストとしてまとめています。
なお本ページの内容は利用者・閲覧者に対して一切責任を負うものではございません。
また、予告無くコンテンツの提供を中止する可能性があります。予めご了承ください。
※現地ベトナムにお問い合わせ頂く際はベトナム語もしくは英語にてお願い致します。